• ホーム
  • 初めてのかたはこちら(NLPとは?)
  • 講師紹介
  • メンタルプログラム
  • Q&A
  • メンタルNLP体験1日セミナー

NLPヒプノセラピー Top > Self Mental Art(自己メンタルコントロール術)とNLP(神経言語プログラミング)コース内容


NLP(神経言語プログラミング)コース内容

◆HLAのNLPは、米国NLP協会とミレニアムジャパンからのガイドラインに基づき行っています。

NLPプラクティショナー

NLPプラクティショナーでは、NLPにおいての基本概念、基本となるスキル・テクニックを学んでいきます。コースを100%出席することにより、米国NLP協会より認定証が発行されます。認定証は、約3ヶ月~6ヶ月でお手元に届きます。(時期により期間の変動有) コース修了後、名刺や履歴書等に「米国NLP™協会認定NLPプラクティショナー」と明記することができます。

NLPマスタープラクティショナー

NLPマスタープラクティショナーでは、NLPプラクティショナーで学び、身につけたスキル、テクニックを更に磨き、プレゼンテーション力を磨きます。更に、「影響」を与える立場へと変化していきます。コースを100%出席することにより、米国NLP協会より認定証が発行されます。認定証は、約3ヶ月~6ヶ月でお手元に届きます。(時期により期間の変動有)コース修了後、名刺や履歴書等に「米国NLP™協会認定NLPマスタープラクティショナー」と明記することができます。

認定証申請のため写真が1枚必要となります。

認定証の有効期限は、2年となり更新が必要な方(任意)は、個々でNLPミレニアムジャパンに申請を行ってください。尚、認定証の更新は最上位の資格のみの更新となります。

ミレニアムジャパン(旧日本事務局/SEEDS OF LIGHT)
(更新には、定められた更新費用(代行手数料)が必要となります)
http://nlp-jp.com/koushin/

アメリカに直接更新手続きを申し込むことは可能ですが、その場合ミレニアムジャパンからの手続きに関するフォローを受けることはできません。


NLPトレーナー

NLPトレーナーは、NLPプラクティショナー、マスタープラクティショナーの両資格を与えることのできるコースを開催することができます。トレーナーになるためには、NLPミレニアムジャパンが行う、書類選考・筆記・面接を通過し、海外での研修を受講しなければなりません。ただし、トレーナー資格取得後、コースを開催するまでに各自トレーニングを積み、コース開催に向けて準備を行ってください。これは、トレーナーとして受講生に対して最善のNLPを提供するためです。トレーナー審査の受講資格は、 リチャード・バンドラー博士認定NLPプラクティショナー、マスタープラクティショナーの両資格を保有していることが条件となります。

日本のNLPを統制する機関について

現在、日本ではミレニアムジャパンとアライアンスジャパンの2つの機関が置かれています。ミレニアムジャパンは関東、アライアンスジャパンは関西に拠点をおいて活動を行っています。両機関ともに、日本での申請等の事務手続き等を行っていますが、HLAが開催するNLPでは、ミレニアムジャパンを推奨し、ミレニアムジャパンからの情報に基づきNLPを開催しています。資格取得後、認定証申請時にご記入いただいたメールアドレスにミレニアムジャパンより、ガイドラインの変更やNLPに関する内容のお知らせ等が届く場合がありますので、ご了承ください。

カリキュラム

H.L.アソシエイツがお伝えするNLPは、リチャード・バンドラー博士のNLPを忠実にお伝えするとともに、特に『メンタル』についての部分をNLPの内容に盛り込みながらコースを進めていきます。


プラクティショナーコース

  • NLPとは?
  • 学習の4段階
  • 解決志向
  • T・O・T・Eモデル
  • 表象システム
  • ラポール
  • キャリブレーション
  • よくまとめられたゴール
  • 脳の話
  • よくまとめられたゴール質問実習
  • 現在の状態質問実習
  • 視線解析
  • 前提
  • チャンク
  • サブモダリティ(対象分析・サブモダリティチェンジ)
  • コミュニケーションを構成する(言語・非言語)
  • ステイト
  • アンカリング(アンカリング概念・リソースアンカー)
  • アンカリング応用(スタッキング、スライディング、コラプシング、チェイニングアンカー)
  • ヴィジュアルスカッシュ
  • リフレーミング
  • メタモデルの基礎
  • ミルトンモデルの基礎
  • ミルトンモデルで誘導(催眠)
  • メタファー
  • 二重誘導
  • メタモデル応用
  • ミルトンモデル応用
  • スウィッシュパターン
  • タイムライン(基礎・応用)
  • 過去の修正
  • 恐怖症の治療
  • ストラテジー(学習・モチベーション・決断・創造のストラテジー)
  • ストラテジーのインストール
  • モデリング
  • プレゼンテーション
  • 目標設定
  • 個人セッション
  • その他のスキル

上記は、カリキュラムの大枠です。実際は、更に細分化されます。


マスタープラクティショナーコース

  • マスタープラクティショナーを学ぶにおいて
  • マスタープラクティショナーを効果的に学ぶために
  • プラクティショナーを振り返る
  • NLPの前提を深める
  • ストラテジーを深める
  • 催眠を深める
  • 催眠トレーニング
  • 信念について考える
  • スライトオブマウス
  • 閾値パターン
  • TDサーチを使い過去の修正をする
  • 推進システム
  • 価値と基準
  • メタプログラム
  • 交渉
  • スタッキング リアリティー
  • 時制と空間の言語
  • プレゼンテーションを深める
  • NLPを使ったカウンセリング実習
  • その他のスキル

上記は、カリキュラムの大枠です。実際は、更に細分化されます。


プラクティショナーコース

時間:全70時間(休憩含) 8回コース又は10回コース 基本として10:00~
費用:367,500円(税込・リチャード・バンドラー博士認定証費用込み)


マスタープラクティショナーコース

時間:全64時間(休憩含) 8回コース又は10回コース 基本として10:00~
費用:315,000(税込・リチャード・バンドラー博士認定証費用込み)

スケジュールをご確認ください。

お問い合わせフォーム