• ホーム
  • 初めてのかたはこちら(NLPとは?)
  • 講師紹介
  • メンタルプログラム
  • Q&A
  • メンタルNLP体験1日セミナー

よくある質問とその答え

メンタルを強くしたいのですが、NLPを学んで効果がでますか?

もちろんできます。リチャード・バンドラー博士のNLPは、メンタルプログラムとしても、とても優れたもので、スポーツ選手、犯罪捜査官、俳優、落ち込みがひどい方、もモチベーションをコントロールしたい方、様々な方が海外でも、日本でも学ばれています。これまでも様々な方にアプローチしてきており、成果をあげています。

モチベーションをあげたいのですが・・・

大丈夫です。もちろんコースを通して、モチベーションのあげかたもしっかりとお伝えしていきます。

意思決定力がないのですが・・

一緒に意思決定力がないあなたのシステムを、コースの中で探り、改善していくので、心配は無用です。

落ち込みがひどいのですが・・・

これまでも落ち込みのひどい方に、アプローチしてきています、そして、改善され元気になるという結果を出してきております。コース受講生の方には、カウンセリングを行い、徹底的サポートを行います。

スポーツのメンタルトレーニングにも使えますか?

もちろん使えます。例えば、受講生の方にもスポーツメンタルに関わるお仕事をされている方がいらっしゃいます。その方は、ご自身の持つ知識にNLPを融合させてアプローチを行っています。

NLPは、ずっと講義ですか?

もちろん講義もありますが、「ワーク」とよばれる体感型の内容を中心として構成しているので、あきることなく学ぶことができます。

NLPを学ぶと何ができますか?

「何ができるか?」ではなく、まず「何がしたいか?」を考えてください。そのやりたいものに必ずNLPを活かすことが出来ます。

休んだ場合どうなりますか?

心配無用です。次回のコースもしくは別のコースのスケジュールが合うところで振替えていただくことができます。

費用の分割はできますか?

必要の分割は可能です。必要の分割に関しては詳しくお尋ねください。

NLPを学ぶことによって、自分を変えることができますか?

もちろん変えることができます。自己変化を起こした方を多く見ています。

NLPを子育てや教育に活かせますか?

もちろん活かすことができます。例えば、物事に対する考え方やコミュニケーションがそのひとつです。

Self Mental Art と NLP どちらを先に学べば良いですか?

もちろんどちらからでも良いですが、迷われている方は、まずはSelf Mental Art の受講をおすすめします。Self Mental Art はNLPをベースにつくりあげているので、受講の中で、NLPが一体何かということも見えてくると思います。それから、受講を決められても良いと思います。もし、あなたが心理学講師、プロフェッショナルを目指しているなら先にNLPをおすすめします。もちろん、Self Mental Art にも実践的な方法が数多く含まれていますが、NLPには更に実践的な内容が含まれています。もしあえて言うなら、Self Mental Art が初級編 NLPが上級編と考えても良いかもしれません。

Self Mental Art を学ぶことによって、メンタルは強化されますか?

もちろん、Self Mental Art はメンタルに特価してつくりあげているものなので、メンタルは強化されます。もちろん、あなたの方向性に合わせてサポートもしていきます。

Self Mental Artを見ると、1カリキュラムずつ受講できるようなのですが・・・

Self Mental Art は、一部を除いて1カリキュラムずつ受講が可能です。あなたのペースやニーズに合わせて受講が可能です。

NLPのトレーナーになりたいのですが・・・

日本で受講できるのは、リチャード・バンドラーラインのNLPでは、マスタープラクティショナーまでです。その後は、日本で選考試験を受験し合格した後、海外での研修となります。

カウンセラーになりたいのですが、資格をとればすぐにカウンセラーとして仕事に就くことができますか?

仕事の仕方は、大きくわけると2つです。独立をするか、どこかの機関に所属するかです。すぐに仕事につけるとは、約束できません。もちろん、サポートは全力でします。あとは、ご自身の行動次第になります。

カウンセラーとして独立するのに大切なことは何ですか?

カウンセラーを目指す方にいつもお伝えしているのは、どのような分野にアプローチしたいのかを明確にしてくださいということです。お会いする方の多くは、漠然とカウンセラーを目指すとおしゃっていることが多いように思います。つまり、オールラウンダー的な感じだと思います。しかし、最初からすぐにオールラウンダーは難しいでしょう。もちろん、最終的な目標としてオールラウンダーを目指すことは決して悪いことではありません。最初は、自分自身を磨くためにも、自分がアプローチしたい分野を明確(しぼる)と良いでしょう。例えば、スポーツカウンセラー、子育てカウンセラー、メンタルカウンセラーなど。そうすることによって、自分がぶれずに、自己のカウンセラースタイルを築くことが出来ると思います。

心理学を学ぶことによって家族関係が改善できますか?

今までにも、家族関係に悩まれた多くの方が心理学を学びに来られています。心理学を学ぶことで家族関係の改善のきっかけが築けると思います。

どんな方たちが、心理学を学びに来ていますか?

職業で言うと、経営者、ビジネスマン、医療従事者、幼児教育関連で働く人(保育士、右脳開発・・・)カウンセラー、コーチ、ミュージシャン、飲食関係・・・などです。それ以外だと、学生、主婦、自分の問題を改善したい人、恋愛を変えたい人、コミュニケーションを改善したい人、メンタルを強くしたい人、親との関係を改善した人、トラウマを改善したい人、憂鬱な気分を改善したい人、モチベーションをコントロールしたい人・・・など様々な方が学びに来ています。